空き地の有効活用法は?事例からみる成功の秘訣

 

空き地

 

 

空き地になっている土地がある

 

所有する空き地を使って収入を得たい

 

土地を相続したが使い道に迷っている

 

 

皆様の中にも、そのような方がおられるのではないしょうか?

 

目的があって土地を購入した場合は、
その目的のために活用すれば良いのですが、

 

相続などで手に入れた空き地や、
当初の目的のためには使えなくなってしまった空き地の
活用方法を探すのは、想像以上に大変なことです。

 

この記事では、

 

  • 土地活用のセミナーやイベントに通ってもすっきり決まらない。
  • 空き地の有効活用方法を詳しく知りたい。
  • 空き地を使って不労所得を得たい

 

そんな方のために、
3種類の空き地活用事例を詳しくご紹介したいと思います。

 

 

空き地有効活用事例1.賃貸アパート経営

 

空き地をアパートで活用する

 

 

まずご紹介したいのが、賃貸アパートの経営です。

 

駅近などの利回りの良さそうな土地であれば、
賃貸アパート経営は十分おすすめできる活用方法です。

 

新築の内は満室になりやすいので家賃収入でローン返済ができ、
減価償却ができるまでは節税にもなります。

 

継続して収益を得るためには、築年数が経過してから
いかに家賃を下げずに空室対策ができるか、
修繕費を上手くやりくりできるかがポイントになります。

 

経営が上手くいけば、
しっかりと収入を得ることができるの魅力的な活用法です。

 

 

 

 

空き地有効活用事例2.駐車場経営

 

空き地を駐車場で活用する

 

 
駐車場経営は比較的低コストで始めることができるため、
リスクが少ない空き地の活用方法です。

 

初期投資が少ないだけではなく、
比較的狭い土地や変形地でも活用できるのもメリットです。

 

しかし、リスクが少ない分収益も少なめで、
減税などのメリットが少ないのがネックです。

 

月極めの方が初期投資は少なくて済みますが、
利回りを重視するなら『コインパーキング』がおすすめです。

 

  • 他に競合駐車場がないか?
  • 回転率が見込めるかどうか?

 

実際に駐車場経営を行う前には、
上記をしっかりとチェックするようにしましょう。

 

 

 

 

空き地有効活用事例3.太陽光発電(ソーラーパネル)

 

空き地を太陽光発電で活用する

 

 

「田舎に広いな空き地を持っているけど活用方法がない…」
という方におすすめなのが、太陽光発電による土地活用です。

 

立地条件に左右されず、むしろ周りに何も建物がない
田舎の平地の方が適しています。

 

ソーラーパネルを設置して定期メンテナンスを行うだけで、
日常的な手入れも必要ありません。

 

また、自治体によっては補助金を出してもらえ、
再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、
発電した電力は10年は固定価格で買い取りしてもらえます。

 

しかし、設置に地盤改良が必要で初期費用がかさんだり、
立地の環境の変化によりパネルに影ができて
発電量が落ちたりするケースがあります。

 

電力の買い取り価格は年々落ちているため、
将来的に利回りがかなり落ちてしまう可能性も。
それらの点をしっかりと考慮するようにしましょう。

 

 

 

 

最適な空き地活用のために

 

空き地の活用方法を比較する

 

 

空き地活用を成功させるコツは、
その土地にあった方法を見つけることにあります。

 

なぜならば、土地の立地や形などによって
適した空き地活用の種類も変わってくるからです。

 

素人判断をするのは危険ですし、
いくらプロの意見であっても、何となく決めた業者の提案を
全てうのみにするのも危ない橋を渡る行為です。

 

一見信用がおけそうでも、相手はリスクを伏せて
美味しい提案で契約をさせようとしているだけかもしれません。

 

納得がいく空き地活用の提案を受けるためには、
複数社から提案を受け、
冷静に比較することをおすすめいたします。

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識