空き家で賃貸経営をする3つのメリットとは?

 

少し前までは「空き家の問題は他人事だ」と思っていた
人も、いまや人口減少や高齢化を背景に身近なものとなり、
他人事ではなくなりつつあります。

 

空き家は現在も増加の一途を辿っているので、
早めに傾向と対策を練っておいて損はありません。

 

すでに空き家を持っている人も、これから相続する予定の
ある人も、空き家の活用方法である『賃貸の経営』で
得られるメリットをしっかりと押さえておきましょう。

 

この記事では『空き家で賃貸の経営をする3つのメリット』
についてお話したいと思います。

 

 

賃貸にするメリット1.家賃収入を得ることができる

 

 

空き家を使って賃貸経営をする一番のメリットといえば、
やはり『家賃収入』があることです。
空き家として所有し続けるより、はるかに有益です。

 

空き家のまま放置していては何の利益も生み出しませんが、
賃貸にすれば規模に応じた収入を得ることができます。

 

もちろん、空き家の状態によっては修繕やリフォーム
などの費用が必要になる可能性もありますが、
空き家を賃貸にすることで、本業の給与よりも多くの
安定した収入を得たという人もいます。

 

最近では、多少の古さを味わいとして楽しむ風習も
ありますので、やり方によっては多くの費用をかけずに
元々の風合いを活かした賃貸物件にするのもおすすめです。

 

 

賃貸にするメリット2.将来のリスクを回避することができる

 

 

そのまま何もしないで空き家を所有するだけならば、
「メリットもないけどデメリットもない」とお考えの方も
おられるかもしれません。

 

また、「面倒なことは後回しにして必要になれば売れば良い」
とお考えの方もいるでしょう。
しかし、空き家は何もしないで所有していると『将来的なリスク』
を抱え込むことになります。

 

例えば、何も手を加えることなくそのまま空き家を
放置していても、固定資産税は毎年支払う必要があります。

 

そして更に放置し、人が住めるような状態でなくなると、
行政から『特定空き家』に認定されてしまう可能性があります。
これに認定されてしまった場合、固定資産税の優遇措置を
受けられなくなり、税金が大幅にアップすることになります。

 

すでに固定資産税の減免を受けている空き家は多く、
その場合は最大で6倍もの固定資産税がかけられます。
『特定空き家』に指定されない状態で維持することが重要です。

 

また、空き家が放置されている地域は『治安が悪くなる』
といった心配があります。
自分の所有している空き家が治安悪化を招く要因となり、
そこで何か問題が起きれば無関心のままではいられません。

 

空き家を賃貸にし、人が増えれば地域の活性化にも
繋がりますので、周辺住民と良好な関係を築くためにも
空き家のリスクを抱え込まないようにしましょう。

 

 

賃貸にするメリット3.資産として持ち続けることができる

 

 

空き家は『不要であれば売却して現金にする』という形で
資産を受け継いでゆくこともできます。

 

しかし、賃貸という形にして人の手が加わることにより、
建物が老朽化するスピードを抑えられるだけではなく、
家族の思い出や歴史の1つとして残すことができます。

 

賃貸による家賃収入があれば固定資産税を払う助けにも
なるので、良い状態のまま維持したり税金を支払ったり
することも楽になります。

 

最近は古くなったものも手軽に売り買いできる時代に
なりましたが、そんな時代だからこそ家族の繋がりを
家という資産として残すのも良いのではないでしょうか。

 

 

便利なシステムを利用して賃貸の入居希望者を募ろう

 

以上、空き家を賃貸にするメリットをご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

3つのメリットを受け、「空き家を賃貸として所有したい」と
思っても、そこにまったく問題がないわけではありません。
入居者がいなければ賃貸として活用できないからです。

 

そんな時は、『空き家バンク』のような便利なシステムもあります。
空き家バンクとは空き家物件の情報と入居希望者を
マッチングしてくれるシステムで、全国的に広がりを見せています。

 

力を入れている自治体も多いので、その情報力を活用してはいかがでしょうか。

 

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識