コインランドリー経営は失敗しやすい?必要な費用と土地活用成功の秘訣

 

コインランドリー

 

 

狭小土地では賃貸住宅や商業施設の誘致はもちろん、
駐車場で土地活用するのも難しいといったケースが
少なくありません。

 

しかし、そんな条件でも可能な土地活用があります。
それが『コインランドリーの経営』です。

 

でも「コインランドリーの経営は失敗しやすい」
との噂も……。
経営を成功させる秘訣はどこにあるのでしょうか?

 

この記事では、経営に必要な費用と成功の秘訣について
詳しくお話したいと思います。

 

 

コインランドリーの経営とは?

 

コインランドリーアップ

 

 

まず、コインランドリーの経営で行う土地活用とは
どういったものかを解説したいと思います。

 

皆様もご存知の通り、誰もが一度は目にしたことが
あるであろう『コインランドリー』を開業して収益を上げる
土地活用ビジネスです。

 

機材を置いて、洗濯物の出し入れなどに困らない程度の
スペースがあれば、狭い店舗でも開業ができます。

 

洗濯は日常的に行うため、立地条件に見合っていれば
安定した収益が見込めるというメリットがあります。

 

経営方式としては、個人経営を行うよりはフランチャイズ契約に
よって開業するのが一般的ですが、
業者によっては運用もまるごとお任せできるケースもあります。

 

 

開業と経営にかかる費用は?

 

電卓とペン

 

 

経営における一番のハードルといえば『開業に必要な初期投資』
と言っても過言ではないでしょう。

 

  • 業務用洗濯機
  • 両替機
  • 防犯のための監視カメラ

 

上記のような設備を揃える必要があり、
初期投資だけで1500万円前後かかることも少なくありません。

 

こうして考えると膨大な費用に思えますが、
実は一度設備を設置さえしてしまえば後は、

 

  • メンテナンス費用
  • 水道代
  • 洗剤費用
  • 光熱費

 

などの必要経費だけで済みます。

 

しかも人件費はさほどかかりませんので、非常にランニングコストに
優れている魅力的な土地活用だと言えます。

 

 

よくある3つの失敗パターン

 

頭を抱える男性

 

 

次に、経営で失敗してしまう人にありがちな
『よくある失敗パターン』を3つご紹介します。
是非参考にしてみてください。

 

 

そもそも需要のない土地で経営した

 

まず、『そもそも需要のない土地で経営してしまった』
ということが挙げられます。

 

需要については、集合住宅が多めの住宅街である事と、
あまり人通りの多くない繁華街を避けた立地
(洗濯物を持ち歩くことが多いため)である事は
予め確認しておいた方が良いでしょう。

 

すでに近隣にコインランドリーがないことも重要です。

 

業者に言われるまま機材を大量においてしまった

 

もしフランチャイズ業者との契約をする際には、
広めの店舗いっぱいに洗濯機を置かせようとしたり、
毎月100万稼げるといった根拠の薄い数字を出してくる
場合は要注意です。

 

宣伝が足りずに客がつかなかった

 

公式サイトできちんとチェーン店の案内がされている本部を
選ぶと良いでしょう。
自社と契約しているチェーン店を宣伝してくれない本部は
あてにならない場合が多いです。

 

 

信頼の出来る経営パートナーを見つける

 

握手をする男性

 

コインランドリーの経営で行う土地活用は、需要と上手く
マッチすれば非常に魅力の多い土地活用だと言えます。

 

かつての利用者といえば、家に洗濯機がなかったり、
賃貸住宅に洗濯機置き場のない単身者が利用するイメージ
でしたが、最近では主婦の利用も増えているそうです。

 

共働きが当たり前となり多忙な主婦が増えたこと、
そして業務用洗濯機の性能があがり、布団や毛布を
コインランドリーで洗えるようになったことから、
利用層も幅広くなりつつあります。

 

しかし、初期投資が必要な土地活用なだけに、
経営で失敗しないためには信頼のできる経営パートナーを
見つけることが重要です。

 

フランチャイズ先の選定は、相見積もりサービス等を
活用して、いくつもの候補からじっくりと検討しましょう。

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識