土地活用の会社を比較するときのポイント

 

比較するポイント

 

使い道に迷って眠らせたままの土地や、
相続などで予期せず手元に残った土地……、

 

目的があって土地を購入した場合は用途も
はっきりとしていますが、

 

こういった土地を利用して「土地活用がしたい!」と
考えた場合、素人が自分だけで判断するのは難しく、
そしてリスクも高いでしょう。

 

そこでプロである土地活用の会社に相談する
ことになるのですが、

 

土地活用の会社が最適なのか?
そしてどの会社が信頼できるのか?
困ってしまいますよね。

 

この記事ではそのようにお悩みの方に向けて、
土地活用の会社を比較するときのポイント
詳しくご紹介していきます。

 

 

土地活用の会社によって土地の用途が変わる?

 

土地活用の工事

 

 

『土地活用』というと、マンションやアパートなどを
建設して定期収入を得ることを想定する方が多いと思います。

 

確かにアパートやマンションの建設は、
上手く利回りの良い物件を建てられれば、
安定した家賃収入が得られるのが魅力です。

 

しかし、土地によっては住宅に適さない場合もありますし、
土地活用は会社によって提案できるプランも様々です。

 

土地活用の会社を選ぶときは、
その土地に適した提案ができるかをしっかりと
見極める必要があるのです。

 

 

具体的にどんな土地活用の事例があるの?

 

続いて、具体的な土地活用の事例と、
その事業に関わる業者の関係を比較してみましょう。

 

土地活用の事例と業者比較表

 

土地活用の事例 関係する業者
賃貸アパート・マンションの建築・経営 ハウスメーカー・工務店・不動産管理業者
商業施設(ロードサイト店)の建築・経営 店舗運営事業者
駐車場経営 不動産管理業者・コインパーキング業者
トランクルーム・倉庫の設置・経営 トランクルーム業者
太陽光発電の設置・運用 メガソーラー業者・建設会社
福祉・介護施設の建築・経営 介護事業者・社会福祉法人

 

土地活用の会社を選ぶときは、土地に最適な用途を探すことは
もちろんですが、
その用途に強い提案ができる会社を選ばなければなりません。

 

 

建物を建設する際に気をつけておきたいポイント

 

サポートしてくれる業者

 

特に、建物を建設する必要のある賃貸アパートや
マンションの経営、ロードサイト店経営などを検討する場合、
その建設後のサポートについても重視しておくべきでしょう。

 

建設後のサポート方式としては、

 

1.管理委託方式
自分で建物を建設し、不動産会社や店舗事業者に管理してもらう。

 

2.一括借り上げ方式
不動産会社や店舗事業者にその建物を借り上げてもらう。

 

3.サブリース方式
借り上げてもらった建物を、不動産会社や店舗事業者が転貸する。

 

この3点がメジャーになります。

 

1.と2.は賃貸住宅経営に多く、2.と3.は商業施設経営に多い方式です。

 

『管理委託方式』は、空室リスクや店が撤退した場合の
リスクが大きいですが、収益性も大きく、

 

『サブリース』は管理が任せられて楽になりますが、
空室になった場合のサポート体制が整っていないと
満足な家賃保証が得られず、収益性が落ちてしまうといった
リスクがありますので、安易にどちらが良いとは言えません。

 

条件を満たせば、自分で建物を建設せず、
土地活用方法を全てお任せできる『信託方式』もありますが、
収益性は他の方法よりも落ちます。

 

 

土地に合わせた活用法を提案できる会社を

 

パソコンで比較

 

土地活用を成功させるための会社選びには、
まずその土地にあった活用方法をしっかりと調査し、
最適の提案をできる会社を比較する必要があります。

 

しかし、多くの方は土地活用については初心者のはずです。
どれだけ魅力的に聞こえても、
ひとつの会社の提案だけで判断するのは危険です。

 

インターネットを活用すれば、様々な土地活用会社から
一括で見積りや提案をうけることも可能です。

 

そういったサービスを上手く利用して、
最適な方法を比較検討してみましょう。

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識