マンション売却と賃貸経営はどちらが得?メリット・デメリットで徹底比較

 

 

 

マンションを持っているというだけで経済的に有利なように思えますが、今の時代何が起こるかわかりません。少しでも有利に資産を運用したいところです。そこで気になるのが、マンションを売却するのと賃貸経営をしながら所有し続けるのとどちらの方が得かということです。それぞれのメリット・デメリットを比較しながら検討してみましょう。

 

 

 

マンション売却のメリットとデメリット

 

マンションの売却が成立すれば、まとまった資金を手にすることができます。大金になりますから、それを元手に新たに投資をすることもできますし、新築を購入する資金に充てることなども可能となります。預金しておくだけでも、いざという時の資金として安心感を得ることができます。現金収入は使い道が限定されないため、とても便利です。マンションを維持・管理する時間や手間がかからない点で楽な選択とも言えます。ローンが残っている場合でも、早めの売却で大幅な値下がりを避けることができます。人気の物件ならば購入時と遜色ない金額で売却できる可能性もあり、ローンの負担が大きく減るかもしれません。

 

一方でデメリットは、不動産という形での資産を失うということです。マンションを所有していれば、いつかまたそこに住むことができます。何かの時に、家賃を支払わずに住める場所があるというのは安心できるものです。また空き室が増えているにもかかわらず、新しいマンションは次々と建設されています。売りに出したからと言って、すぐに買い手が見つかるとは限りません。その間、賃貸として利用するわけにも行かないため、有効利用できないままに所有し続けることになります。ローンを支払っている最中ならば、それが家計を圧迫するのは間違いないでしょう。

 

 

 

マンション賃貸経営のメリット

 

マンションを賃貸として経営する場合、売却とは違って長期的に収入を得ることが可能になります。物件の広さにもよりますが、内装をリフォームなどしておけば売却時よりも多くの家賃収入を得られる可能性もあります。特にローンが残っている時は家賃収入を支払いに充てることができるので返済計画が楽になるはずです。

 

また、経営という形にすることで可能となる節税方法もあります。固定資産税や管理費、ローンを支払っている最中ならばその金利なども経費として計上できるようになるからです。家賃収入には所得としての税金がかかりますが、節税することで無駄なく活用できるのです。何か事業を始める際には様々な準備が必要になりますが、マンションの賃貸系なら比較的手間なく始められるという点も魅力的です。

 

 

 

マンション賃貸経営のデメリット

 

マンションを賃貸経営したくても、入居者が見つからなければ成り立ちません。また入居者を迎えるに当たって、室内の掃除や設備の補修なども必要になります。状態が良ければ自分達だけで行うことも可能ですが、場合によっては壁紙の貼り換えや設備の入れ換えが必要になることもあります。ある程度の出費は覚悟しておきた方が良いかもしれません。もちろん、これらの費用は入居者が変わるたびに必要になるので、家賃収入も計画的に使うようにしたいところです。

 

出費としては仲介に入る業者への手数料もあります。常時必要となるものではありませんが、入居者が決まらなければ広告料なども嵩むことになります。経営に自信がなくて委託業者を利用するならば、楽はできますが家賃収入は減ることになります。その分、委託業者は入居者とマンション管理会社との間に入ってトラブルを解決してくれる、頼もしい存在となります。費用対効果や自身の仕事などの状況を踏まえて検討する必要があるでしょう。

 

マンションが経過年数に応じて価値が下がることも念頭に置いておきましょう。後で売却しようと思っても、大幅に値下がりしている可能性があります。とはいえ、老朽化すれば維持にかかる費用負担も大きくなります。まずは賃貸経営、その後に売却ということを考えているならば、できるだけ損をしないタイミングを見極めることが大切です。

 

 

 

結論!マンション売却と賃貸経営どっちがお得?

 

様々な角度からマンションの売却と賃貸経営を比較してきましたが、結局のところ、どちらの方がメリットは大きいのでしょうか。どちらもメリット・デメリットがあって、一概にどちらの方が良いと言い切れないといったところでしょうか。ここで重要なのは、ライフプランとマッチしているかということです。例えばマンションを持っている地域を離れる計画ならば、早い段階で売却してしまった方が良いかもしれません。反対に、その地で老後を過ごしたいというならば、そのマンションは所有している方が老後の生活が安心できます。それぞれの現状と将来のプランに合った選択をするのが一番です。

 

ただ、これといった決め手がないのならば、査定を受けてから決めても良いのではないでしょうか。場所が良ければ購入時よりも値上がりしていることもあります。結論を出す手助けになるはずです。

 

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識