山林を相続したときの固定資産税相場は?

 

 

 

 

山林を相続するとなった時、気になるのはその税金です。特に固定資産税は毎年支払う義務があるので、その負担も大きなものになります。山林となれば相続する敷地面積も相当広くなるため、いったいいくら納税しなければならないのかと不安にもなるでしょう。だからと言って、相続する前から税金のことを直接聞くのははばかられるものです。しかし、おおよその固定資産税を割り出す方法を理解しておけば準備をしておくことができます。どのように山林を活用するのかと併せてしっかりと考えておきましょう。

 

 

 

固定資産税の税率は山林と一般的な更地も同じ

 

税金がいくらかかるのか計算すると聞くと、複雑な計算式をイメージしたくなりますが、実際はとてもシンプルで簡単なものです。山林だからといって特別だということもなく、基本的には一般的な更地と同じ計算式から導き出すことができます。「課税標準額(評価額)×1,4パーセント」これが山林の固定資産税を求めるための計算式です。知ってしまえば難しいところはありません。

 

しかし同時に1つの疑問も湧きます。課税標準額とは一体なんなのでしょうか。

 

 

 

山林の税額を左右するのは課税標準額

 

土地は都市部にあるとか、駅に近い、主要道路に面しているなどの条件によってその金額が変わります。そのため課税する土地の価格もその場所によってそれぞれ違ってきます。しかし所有者や不動産会社が土地を売買するのと同じ感覚で課税対象の価格を決めるわけにはいきません。そこで、地方自治体が土地の評価額を決定し、3年に1度のペースで見直しをしています。この評価額のことを課税標準額と言います。

 

計算式からもわかるように、固定資産税は課税標準額に左右されることになりますが、山林に関しては大規模な開発などが近くでない限りは大きく変動することはまずありません。一度確認すれば、3年ごとの見直しで納税額が大きく変わるという心配はほとんどない点は安心です。

 

問題の課税標準額は固定資産税の明細や各自治体の固定資産税課税台帳(名寄帳)で調べることができます。一般的に山林は一坪数数十円程度と言われています。そうです、とても安いのです。しかも評価額が30万円を超えなければ課税されないという特典もあります。つまり、かなり広大の面積を相続するのでなければ固定資産税を心配することはないのです。

 

 

 

固定資産税が安ければ山林は放置するのがベスト?

 

では相続した山林は固定資産税の心配がなければ、取り合えず所有しておくというのが一番良い方法なのでしょうか。確かにメリットがない代わりにデメリットもないように思えます。しかし、実際には手入れが必要となります。そのままで山が荒れれば周辺に危険をもたらすことがあるからです。山林ともなれば面積は広く、手入れには人手も費用もそれなりにかかります。ただ所有するだけでは出費だけが嵩む可能性が高くなります。

 

ならば売却という考えもありますが、残念ながら山林は高く売ることはできません。前の所有者がそのまま持っていたように、その山林の購入を希望する人もいなかったのではないでしょうか。それに、せっかくの土地をただ安く売ってしまうのではあまりにももったいない話です。

 

 

 

時代に合った土地活用方法を模索しよう

 

最近はライフスタイルが変化し、休日を自然の中で過ごしたいという人が増えています。キャンプ人気や田舎への移住などが良い例です。そう考えれば山林には何かしらのニーズがあるはずです。時代に適応していれば、そこから高い収益を上げることも可能です。せっかく固定資産税の心配がなくなったのです。少ない費用で始められるものもあるので、所有する山林の場所や特徴を活かした事業を始めてはいかがでしょうか。

 

 

 

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識