相続税対策に適した土地活用の方法は?

 

子供や孫たちのためにと一生懸命に働いて資産を増やしても、
それらの努力を台無しにしてしまうものがあります。

 

それがいわゆる『相続税』です。

 

もちろん、資産の全てを奪われるわけではありません。
しかし相続税は原則として現金での一括納付となっています。
しかも10か月以内という『相続税支払い期限』の問題もあります。

 

結果として、「思い出の詰まった土地や建物を売却せざる
を得なくなった…」という家庭は実に多いのです。

 

そんなことにならないためにも、相続税対策は早めにしておく
ことが肝心です。
この記事では、相続税対策に適した土地活用の方法について
考えていきたいと思います。

 

 

評価額を下げて納税額を少なくする

 

相続税においての土地の評価方法は1つではありません。

 

実質5,000万円の資産価値のある土地であっても、
4,000万円の土地として相続税が課せられれば1,000万円分の
相続税を得することができます。

 

相続税についてはこのように『土地の評価額を下げる方法』
があります。

 

 

評価額を下げるには土地活用?

 

では、具体的にどのようにすれば土地の評価額を下げて
相続税を得することができるのでしょうか?

 

その答えは、その土地にアパートやマンションといった
賃貸住宅を建てて、『土地活用』を行うのです。

 

これによって評価額を下げる優遇措置を受けることが
可能となります。もちろん、新たに土地を購入して
賃貸物件を建設しても同様の優遇を受けることができます。

 

現金で保有するよりも土地や建物の形で財産を保有する方が、
その財産の価値は下がるという考え方になっています。
そのため相続税の納税額を抑えることができるのです。

 

資産家の多くは、このような土地活用の方法で相続税対策を
行っています。

 

 

賃貸物件の経営にリスクはないの?

 

ここで気になるのが、土地活用における賃貸物件の経営に
ついてのリスクです。

 

ただ単に不動産として保有しているのと違って、
土地活用における賃貸物件の経営には、建物の建築費や
経営のノウハウ、賃料を回収できるかといった問題が浮上します。

 

しかし解決策はあります。

 

土地活用における賃貸物件の経営に必要となる費用は
銀行から借り入れたとしても、相続でデメリットとなる
心配はありません。

 

また、一時的に資金不足に陥ったとしても、
賃料という収入で無理なく返済することができます。

 

「経営のノウハウがないから経営者としてやっていけるか
自信がない…」
という不安をお持ちならば、事業者に管理・経営を任せる
『一括借り上げ』といった制度もあります。

 

自己経営よりも収益性では劣りますが、経営リスクを考えれば
決して大きなマイナスとはなりません。

 

 

 

生前贈与で更なる節税を

 

また、賃貸物件の『生前贈与』を行えば、相続税に対する
節税効果を更に高めることも可能となります。

 

評価額を下げる方法と合わせれば相当な金額の相続税対策と
なるでしょう。ただし注意点もあります。

 

  • 生前贈与には銀行からの借金を含まないようにすること
  • 賃貸物件の借主が変わらないこと

 

上記のことが必要条件となります。

 

加えて税額や、優遇措置の内容、法律などの変更などがあれば
効果的な相続税対策は変わります。
常に最新の情報を入手するようにし、時には専門家の
アドバイスを受けながら状況に合った節税対策をとることが大切です。

 

 

周辺環境とニーズに合った土地活用の方法を選ぶ

 

土地活用における賃貸物件の経営は、相続税対策としては
とても有効です。

 

しかし、全くニーズの無い場所に建築したら意味がありません。
効果的な方法を模索しながらも、環境に合った土地活用の
方法を選ぶようにしましょう。

 

なぜならば、効果のある土地活用方法は他にもあるからです。

 

場合によっては駐車場やトランクルームの経営といった
土地活用の方が良いこともあります。
経営せずに住居としてのみ活用するのも決して悪い選択
ではありません。

 

後悔のない選択をするには、適切なアドバイスのできる
専門家を頼るのが一番確実で安心できる方法ですよ。

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識