太陽光発電で土地活用をするメリットとデメリット

 

太陽光発電のイメージ

 

 

  • 田舎の土地を相続したけれど土地活用の方法に困っている。
  • 離農して農地が余っている。
  • 遊休農地を有効利用できる土地活用の方法が知りたい。

 

そんな方におすすめしたい土地活用の方法が『太陽光発電』です。

 

最近よく耳にする太陽光発電で行う土地活用ですが、
太陽光発電設置によるリスクを心配される方も
多いのではないでしょうか?

 

また、具体的にはどのような土地活用の方法なのかも気になるところです。

 

この記事では、太陽光発電で行う土地活用のメリットデメリット
そしてリスクを避けるために必要な方法について
詳しくお話したいと思います。

 

 

野立て太陽光発電で土地活用

 

野立て太陽光発電のイメージ

 

 

土地活用における太陽光発電は『野立て』と言われる方式で、
ソーラーパネルを土地に並べて設置する方式で行われます。

 

具体的には、発電した電力を電力会社に売電することで
収益を得る土地活用スタイルとなります。

 

全量固定買取制度がありますので、
20年間電力の買取が保障されます。

 

土地がある前提ですと、初期費用は仮に50kwとすると
1500万円前後必要になるでしょう。

 

ただし、地盤が弱い場合は地盤改良の費用が掛かり、
近くに送電線がない場合は
電柱と電線の敷設費用が別途で掛かります。

 

リスクを抑えるのなら、
自分でソーラーパネルを設置するのではなく、
業者に土地を貸し出して
年間売電金額に応じた土地の使用料を取る形式が良いでしょう。

 

ただし、20年土地を貸し続けると考えると、
自分で投資する方が利益は多いはずです。

 

 

田舎でもOK!太陽光発電のメリット

 

太陽光発電に適した田舎の土地

 

 

太陽光発電で行う土地活用では、
周りに影となる建物がない田舎の方が適しています。

 

商業利用や賃貸需要がない田舎でも
地価に影響されず、有効に土地活用をすることができること、
そして賃貸物件ほどメンテナンス費用もかからないのがメリットです。

 

また、自然エネルギーのため比較的収益が安定しています。

 

一時期に比べれば減ってしまいましたが、
自治体によっては補助金を受けられる可能性があります。

 

 

トラブルも?思わぬ太陽光発電のデメリット

 

太陽光で注意したいチェックポイント

 

 

基本的に太陽光発電で行う土地活用は、
10年ほどで初期費用を回収するのが理想とされています。

 

しかし、台風などの自然災害や予期せぬ機器不良により、
回収が遅れることもあり、
メンテナンスではどうにもならない不確定要素がある
ことはデメリットと言えるでしょう。

 

また、周辺環境の変化により、
思わぬ日陰ができて発電量が落ちる。
反射光が近隣住宅に当たる。などのトラブルが発生した事例も。

 

実際に土地活用を行うときには、
日陰と反射光の対策は十分に行う必要があります。

 

 

ソーラーパネル設置に適した土地とは?

 

平地

 

 

土地探しから投資を考えているのでしたら、
太陽光発電に適した場所を的確に見極める必要があります。

 

太陽光発電は、ソーラーパネルを並べることで
発電量を確保しますので、まず、ある程度の広さは必要でしょう。
日当たりの良い平地、南向きの斜面が最適です。

 

地盤が強いこと、近くに送電線があることもポイントです。

 

農地には平地や周囲に建物の少ない立地が多く、
太陽光発電向きの投資ができる土地となります。

 

 

太陽光発電の運営は信頼できる業者選びから

 

信頼の出来る業者

 

 

太陽光発電で行う土地活用は、一時期クリーンエネルギーへの
関心の高まりから爆発的に取り扱う業者が増えました。

 

しかし、残念ながら決して優良とは言えない
土地活用業者が多いのが実情です。

 

一社の提案だけに囚われることなく、複数の土地活用業者の
提案を見比べて、信頼性の高い業者を見極め、
失敗のない土地活用を行うようにしましょう。

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識