駐車場経営で土地活用!失敗する前に知りたいメリットとデメリット

 

駐車場で土地活用

 

 

土地活用の方法の中でも『駐車場の経営』は、
比較的手軽に始められる事業です。

 

しかし、何事にもメリットとデメリットがあります。

 

実際に土地活用を始めてから失敗しないためにも、
それらを事前に把握し、
自分に合っているのか?所有地に向いているか?

 

以上をしっかりと確認していきましょう。

 

 

土地活用における駐車場経営とは

 

コインパーキング

 

 

土地活用における駐車場経営では、
『コインパーキング』『月極駐車場』の2つが
主な経営スタイルになります。

 

そしてコインパーキングではさらに、
土地に駐車区画を設けただけの平面駐車場と、
建物の立体駐車場がありますが、
個人で始める土地活用の場合は、平面駐車場が一般的です。

 

どちらの場合も、車を停められれば1台分のスペースからでも
始めることができます。

 

駐車時間で料金を取る『コインパーキング』とは違い、
月極駐車場は月単位で駐車料金で取るなど、
一口に駐車場経営と言ってもその特徴は異なり、
土地活用の方法によっては向き不向きも出てきます。

 

 

駐車場経営に向いている土地と不向きな土地

 

住宅街

 

 

マンションや住宅、会社などが多く集まるところでは、
車を長時間停めておけるスペースを求める人も多くいるので、
月極駐車場での土地活用が向いています。

 

生活圏からよほど離れた土地や、車の所有率が低い地域で
なければ、ある程度の契約が望めるでしょう

 

駅前や病院、観光施設など人が集まる施設の周囲は、
一時的に車を停められるコインパーキングでの
土地活用が向いています。

 

反対に、住宅街の中にコインパーキングを作って運営しても、
駐車スペースがない家に車で来客があった場合には
使われるでしょうが、収入はさほど見込めません。

 

土地購入の際はそこでどんな駐車場経営ができるか、
しっかりと判断した上で最適な土地を選び、
土地活用を行うようにしましょう。

 

 

駐車場の経営でどれくらいの収入が望める?

 

駐車場の収入

 

 

車が贅沢品と言われる都市部では駐車料金の相場も高く、
月極駐車場の場合、1台当たり1万から5万円まで
高い値段が設定されています。

 

反対に、車が主な移動手段の地方では、
相場が1台数千円まで落ちますので、地域によって
収入額は大きく左右する土地活用となります。

 

地域の相場と駐車可能台数で、おおよその収入を計算してみましょう。

 

料金に地域性が表れるのはコインパーキングも同じで、
昼間30分100円から300円、最大料金1,000円から2,000円と、
その差は倍以上です。

 

収入は立地などでも変わりますが、
1台あたり月5万円がひとつの目安となっています。

 

 

駐車場を経営するメリットは?

 

メリットとデメリット

 

 

駐車場の運営で土地活用をする最大のメリットは、
少ない予算でも始められることです。

 

砂利を敷いたりロープを張っただけでも駐車場になるので、
賃貸経営などでは建築資金が用意できない人でも
手軽に土地活用ができます。

 

駐車場を経営するデメリットは?

 

反対にデメリットとして挙げられるのは、
手軽に低コストで始められる土地活用なのですが、
賃貸のように大きな収入は生み出さないということです。

 

また、すでにある土地の節税対策にも、
駐車場経営は向いていません。

 

賃貸などで住宅用地にすれば、固定資産税が最大6分の1にまで
軽減され、相続税でも優遇措置を受けられるのですが、
駐車場はそれらの対象外となります。

 

 

リスクの少ない土地活用をするために

 

 

駐車場経営を始めても、結局固定資産税の支払いで
終わってしまっては、上手な土地活用ではありません。

 

賃貸経営くらいの大きな収入はなかなかありませんが、そ
れでもせっかくなら、まとまった収入がほしいですよね。

 

眠らせてしまっている土地、またはこれから購入する土地で
どんな駐車場経営ができるか、しっかりと運営ができるのかを
見極めて土地活用を始めてみましょう。

土地活用はしたいけど損だけはしたくない!
安心して収益を上げるための3つのポイントとは?

土地活用の隠れたリスク!失敗を避ける3つのポイントの記事に進む



⇒ 土地活用の方法を徹底比較TOPページへ戻る

 
今日から始める土地活用TOP 土地活用の方法と種類 土地の状況から考える土地活用 土地活用についての知識